豊胸術

豊胸術

胸の整形

胸を大きくする方法「豊胸術」についてご説明しましょう。
胸を大きくするということはつまり、今の胸に何かを入れて大きくする以外に胸を大きくする方法というのはありません。問題は何を使って胸を大きくするかということ。人工乳腺(シリコン)、あなた自身の脂肪(自家脂肪)、ヒアルロン酸(薬剤)が現在、国内で行われている豊胸手術の種類です。それぞれにメリット・デメリットがありますのであなたにとって何が一番望ましいのかということを十分に理解して豊胸術に臨む必要があります。

豊胸術の種類

胸を大きくする豊胸術の種類についてご案内します。

人工乳腺を使った豊胸術

人工乳腺(シリコンプロテーゼ)を使って胸を大きく変化させる豊胸術です。基本的には脇からアプローチし、乳腺下もしくは大胸筋下にシリコンを挿入します。人工物ですので危険なのでは?と思われる方が多いのですが、シリコンは万一の際に容易に取り出すことができるということ。
これまでの豊胸の歴史の中でも素材そのものは非常に安全であるということが確認されていますので決して危険な治療法ということはありません。ただし、あくまで人工物ですので乳腺や脂肪が極端に少ない人、皮膚や筋肉が薄い人などはシリコンの輪郭が表面に浮き出やすいということ、触った感じがやはり自然な乳腺と比べると劣るというデメリットがあります。

脂肪を使った豊胸術

お腹や太もも、お尻などの皮下脂肪を抽出し、抽出した脂肪を一定の処理をして胸に注入することで胸を大きさや形を整える豊胸術です。すべて自分自身の組織を使うため極めて高い安全性が担保されていますが、注入した脂肪が嚢胞を作り出す可能性は否定できず、しこりとして感じるリスクがあります。
しかし、それは癌に変化すると言うことではなく、あくまでただのシコリとして残ってしまう可能性があります。また、採取する皮下脂肪が十分に確保できない可能性もあるためすべての女性に向いている治療ということではありません。

ヒアルロン酸を使った豊胸術

美容整形でいうヒアルロン酸注射と聞くとシワやほうれい線などを想像される方がほとんどだと思いますが、実は胸に対して注射することでバストアップや胸の張りを改善させるという治療も行われています。注射するだけですのでダウンタイム等はなく手軽に受けることができるということが最大のメリットですが、やはり注入量によっては触った感じの違和感を感じる場合があります。
また、ヒアルロン酸は体内において時間の経過ですべて吸収されますので、効果は2、3年程度持続するものと考えておく必要があります。

それぞれの治療の特徴

ここではそれぞれの豊胸術の違いや特徴についてご説明します。豊胸は全てが安全ということではありません。大切なのはそれぞれの治療のリスクを正しく知るということ、医者の説明を鵜呑みにしないということを知っておきましょう。

人工乳腺

使用する人工乳腺には、大きく分けて2つのタイプがあります。一つは、使用するシリコンバッグの中身ですが、生理食塩水とシリコン素材のものです。生理食塩水というのはお水です。万一破損すれば吸収されて胸が元の状態に戻ります。シリコン素材のものは万一破損しても流出や体内吸収されることはないためずっと形や大きさを維持してくれます。
どちらが良いかというのは一概にお答えできませんが、希望するバストサイズ、今の乳腺の大きさ、皮膚の厚さで選択する必要があります。実はこの判断が非常に大切で、専門医であっても非常に悩んでしまいます。また、見た目の美しさを最大限に表現するのか?触った感じを優先するのかということでも選択肢に違いを生んでしまいます。すべての条件を完璧に備えた人工乳腺というものは存在しません。あくまでその方の状態や希望する大きさで一部妥協するところが出てしまうことは否めません。
しかし、憧れの胸の大きさや形を手にすることで得られるメリットは非常に大きなものですので人工乳腺を使った豊胸術は今のなお高い人気を誇っています。大切なのはリスクや問題点を正しく知ってあなたにぴったりの豊胸術を選ぶことなのです。

脂肪注入

脂肪注入は安全面だけを考えれば自分自身の組織を使いますので何よりも優れていると言えるでしょう。しかし、豊胸を希望する方のほとんどはどちらかというと痩せ体型です。そのため採取・抽出できる脂肪には限界があると同時に、良質な皮下脂肪であるか否か不明瞭なところがあります。
美容外科のホームページではコンデンスリッチファットなど夢のような豊胸術がクローズアップされていますが、決して夢のようなものではありません。やはり、もともと皮下脂肪が少ない人というのは胸に生着させる良質な脂肪というのは少ないものです。広告を鵜呑みにはしないで下さい。また、脂肪注入には必ずしこりができるリスクは残っているということを忘れないで下さい。シコリの絶対にできない脂肪注入というのは存在しません。常にリスクがあるということを知っておくべきですし、シコリのリスクを簡単に考えている医師の下での豊胸術はリスクしかないということを忘れないで下さい。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸を使った豊胸術の一番の特徴は手軽さです。術後のダウンタイム(日常生活への制限)はありませんし、体への負担というのもの皆無です。ヒアルロン酸を胸に注射するだけでなりたかった大きさの胸に変われるので非常に人気の高い豊胸術の一つです。しかし、問題は2つあります。一つは使用するヒアルロン酸製剤の安全性です。いくつかのメーカーから胸用のヒアルロン酸が発売されていますが、それらはすべて未承認であるということ。メーカー側も詳しい情報を公開していない製品もあるため十分注意知る必要があります。
もう一つは吸収される製品か、吸収されない製品かということ。純粋にヒアルロン酸だけであれば数年で確実に吸収されますが、非吸収タイプの製剤ですとずっと残ってしまいます。
ほとんどのみなさんはもったいなから吸収されない方が良いと思うでしょう。しかし、それは大きな間違いです。吸収されないというのは何かあった時に何も対処できないという最大のデメリットがあるのです。万一、注入する製剤そのものに何かしらのアレルギーや異物反応を引き起こした場合、最悪の状況に陥ることがあるということを知ってください。そうして非吸収性の製品を使った治療は絶対に受けないようにしましょう。残念ながらそのような製剤を扱う美容クリニックも存在します。美容外科学会でも使用を推奨していません。