美容皮膚科

美容皮膚科

美容皮膚科

美容皮膚科とは肌をより美しくするための特別な診療科です。
美しさを表現するということは、二重まぶたや鼻、輪郭といった形の美しさだけではありません。透明感のある素肌、ハリ・艶感のある輝く肌というのは、形の美しさ以上にあなたのキレイを最大限引き出してくれる大切なポイントです。
肌がキレイだと気持ちも軽やかになります。その肌の美しさを引き出す。維持させることを専門にしているのが美容皮膚科なのです。

美容皮膚科でできること

顔のシミを取りたい。肌を若返らせたい。ニキビ・ニキビ跡を治したいなど美容皮膚科にはさまざまな肌の悩みを解決する方法があります。

顔のシミ・くすみを消する

Dark Spot

肌のシミ・くすみを解消して白く透明感のある素肌に変わる。

レーザーでシミを取る

▶︎レーザー治療

ケミカルピーリングでシミ・くすみを取る

▶︎ケミカルピーリング

シワ・たるみを消する

Wrinkle Removal

肌のシミ・くすみを解消して白く透明感のある素肌に変わる。

肌を返らせる

Skin Rejuvenation

肌のシミ・くすみを解消して白く透明感のある素肌に変わる。

「美容皮膚科」と「皮膚科」の違いって?

皮膚科はレーザー治療や内服、外用薬などさまざまな手法で疾患を治療します。
美容皮膚科は肌を美しくするための専門科ですので、

「一般皮膚科」は、保険が適用される皮膚疾患に対する対処的な治療を施すところです。外用薬や内服薬などで、疾患を治癒させることを最優先しますが、保険枠の中では提供される薬が限定されているため、どの病院でも処方される薬はだいたい同じものになってしまいます。

「美容皮膚科」では、保険枠に限定されない最新美容医療から、そこのクリニックにしかないオリジナルの施術まで、様々な美肌治療を受けることができます。皮膚疾患の治療だけにとどまらず、美容的な観点や患者様のライフスタイルにも配慮した高度な医療を提供しているのです。

たとえばニキビ治療では、ニキビ跡や色素沈着が残らないよう、見た目も重視した治療をおこないます。また、出来てしまったニキビを対処的に治療するのではなく、“ニキビそのものを繰り返さない肌へ根本から改善していく”原因療法を行うことができます。

美容皮膚科で本当に美しい肌を
美容皮膚科は“美肌”の専門集団

「美容外科」は、形成外科の医療技術を応用し、“目を大きくしたい”“鼻を高くしたい”などの美的な悩みに応えるところ。外科手術などで身体の構造・形を美しく整え、外見的なコンプレックスの解決にあたります。

それに対し「美容皮膚科」は、美肌を生み出す専門集団。
皮膚の構造・メカニズムを熟知した美容皮膚の専門医が、皮膚の見た目の美的な質感にこだわり、メスを使わない美容医療で患者様の様々な“肌悩み”を解決していきます。

たとえば、シミ治療。シミには様々な種類があり、それらを見極めるのは、豊富な臨床経験が必要となるため、医師であれば誰でも行えるわけではありません。しかし「美容皮膚科」であれば、皮膚科の専門医がシミを見極め、症状に合わせて適切な処置を施すことが可能。さらに美容皮膚科なら、一点のシミを取るだけではなく、顔全体のスキントーンをアップすることで、透明度が高く自ら光を放つような“上質な美肌”をつくることも可能です。

顔のしみを取りたい、肌を若返らせたい。多くの方はこういったさまざまな肌の悩みを解消させるためにエステサロンや美容外科に相談するでしょう。もちろん、エステサロンでもしっかりとケアすればたるみやしみの予防効果を実感できると思います。

しかし、今抱えている悩みを解消することはできません。また、美容外科となると「痛い」、「怖い」、「不自然」、「傷跡」なども不安要素のひとつでしょうし、なにより外科的な治療までは望んではいない方が多いものです。顔にメスを入れてまで治療はしたくないというのが本音というもの。

だったらどこに相談すべきなのか? 肌をきれいにするためにはどこに相談すれば良いのか?

それは私たちの「美容皮膚科」という専門外来に相談してください。美容皮膚科というのは美容外科のように二重まぶたにしたり、フェイスリフトのようなたるみを切って引き上げるような治療はおこないません。
皮膚の構造、生理学的作用、肌のメカニズムを熟知した「皮膚科専門医」が、皮膚の見た目の美的変化や、ハリ、弾力などの質感にこだわった、メスを使わない治療、スキンケアで皆様が抱えている肌の悩みを解消させます。

で重要なのは私たち美容皮膚科の専門医と患者さんとのコミュニケーションです。そうして築き上げた信頼関係がなにより美しい素肌を形成するものであると考えています。私たちは

しかし、これらは病気ではありません。肌を美しくさまざまな肌の悩みを

美容外科との違い
肌悩みを改善するために一般皮膚科やエステには通ったことがあっても、「美容皮膚科」には不安を感じる方もいらっしゃるようです。「美容外科」と混同し、メスを使う手術などのイメージを抱いているのかもしれません。
しかし実際には、「美容皮膚科」と「美容外科」は、患者様のお悩みや目的、治療内容、また医師の専門分野にいたるまで、その内容は全く異なるものです。

美容皮膚科は“美肌”の専門集団

「美容外科」は、形成外科の医療技術を応用し、“目を大きくしたい”“鼻を高くしたい”などの美的な悩みに応えるところ。外科手術などで身体の構造・形を美しく整え、外見的なコンプレックスの解決にあたります。

それに対し「美容皮膚科」は、美肌を生み出す専門集団。
皮膚の構造・メカニズムを熟知した美容皮膚の専門医が、皮膚の見た目の美的な質感にこだわり、メスを使わない美容医療で患者様の様々な“肌悩み”を解決していきます。

たとえば、シミ治療。シミには様々な種類があり、それらを見極めるのは、豊富な臨床経験が必要となるため、医師であれば誰でも行えるわけではありません。しかし「美容皮膚科」であれば、皮膚科の専門医がシミを見極め、症状に合わせて適切な処置を施すことが可能。さらに美容皮膚科なら、一点のシミを取るだけではなく、顔全体のスキントーンをアップすることで、透明度が高く自ら光を放つような“上質な美肌”をつくることも可能です。

「美容皮膚科」と「一般皮膚科」は何が違う?

「一般皮膚科」は、保険が適用される皮膚疾患に対する対処的な治療を施すところです。外用薬や内服薬などで、疾患を治癒させることを最優先しますが、保険枠の中では提供される薬が限定されているため、どの病院でも処方される薬はだいたい同じものになってしまいます。

「美容皮膚科」では、保険枠に限定されない最新美容医療から、そこのクリニックにしかないオリジナルの施術まで、様々な美肌治療を受けることができます。皮膚疾患の治療だけにとどまらず、美容的な観点や患者様のライフスタイルにも配慮した高度な医療を提供しているのです。

たとえばニキビ治療では、ニキビ跡や色素沈着が残らないよう、見た目も重視した治療をおこないます。また、出来てしまったニキビを対処的に治療するのではなく、“ニキビそのものを繰り返さない肌へ根本から改善していく”原因療法を行うことができます。

美容皮膚科で本当に美しい肌を

見出しセル データセル
見出しセル データセル