埋没法は糸で簡単に二重まぶたにすることができる

二重まぶた

埋没法

一つに、眼のカタチは、人それぞれ人相があるように眼のカタチも人それぞれですよね。しかしなが気に入らない眼のカタチ、もう少しバージョンを上げてみたいと思う方もいらっしゃると思います。 はっきりとした眼のカタチは、良い印象を与えます。しかし、メスを入れるには少しばかり抵抗がありメイクや接着剤のようなもで一生懸命癖をつけている方もよく聞きます。そのような方にお勧めできる施術の一つです。医療用の細い針と糸でまぶたのを縫い固定し理想的な二重まぶたをつくります。

埋没法の適応

  • 少し腫れぼったいまぶた
  • いつも、印象の悪いイメージのある眼(眠そう・怒ってるなど)
  • 二重を作るメイクに時間のかかる方

埋没法の特徴

簡単な、二重にする方法とは、一番の思い浮かぶのが、コスメを思いますが一番にコスメでイメージがイメージがつくのが接着剤のタイプで昔からあるものです。もう一つが、テープのような素材をまぶたに貼り付けるタイプで最近よく耳にします。いずれも限界があります。なぜ限界があるか言いますと、まぶたの皮膚が折りたたまることで二重ができます。ある程度の皮膚の薄さとまぶたを上げる筋肉があってこその二重です。コスメなので癖がついたという話も聞きますが、もともとのその人の皮膚の状態やまぶたを上げる筋力の状態なので付くと考えられます。全員がなるとは、限らないです
二重コスメを使い続ければ、皮膚の状態は、場合によって荒れてしまうこともあります。時間的にも拘束されがちになってしまいます。毎日同じ二重をすることに時間を要するのです。 しかし、一回のコストは、安いですよね。目先のことを考えればいいのですが長い時間で考えると、下手すると施術金額を上回ることもあります。その点埋没法は、施術に約5~10分で一度手術を受けて糸が取れたり切れたりしなければほぼ永久的に維持されます。コスト、時間を抑えることが可能になります。      
二重ができたことで、メイクを外で落とさなければならない場合にも、自信を持つこともできます。

埋没法の固定法

埋没法は上まぶたを挙げる筋肉を糸で留める施術。メスを使用しないため、まぶたを切って二重をつくる「切開法」よりもダウンタイムが少なく、傷跡も目立ちにくいのが特長です。また、留めた糸は抜くことができるので、修正をすることも可能です。留める箇所(点)は1点から留めることができますが、その点数が多いほど強く留まり、長期持続が望めます。ただし、強く留まり過ぎていると、修正をした際にもとの留めていたラインが跡になって残ってしまうことも。留める点数を考える際は、跡が残ってしまうリスクも考慮した上で担当のドクターに相談しましょう。

一点留め

「一点留め」は、元々切開法と比べて身体への負担が少ない施術法として知られる埋没法の中でも、特にまぶたに通す糸の量が少ないため、別名「クイック法」とも呼ばれており、まぶたの腫れなどもほとんど気にならない程度に抑えられるほか、施術料金も安く済ませられるため最も手軽に受けられる二重形成術として人気があります。
ただ、ここで注意しておかねばならないことがあります。それは、「一点留め」はどんな人にでもまんべんなく効果があるものではないということです。
実はこの「まぶたに通す糸の量が少ない」ことによるメリットは裏を返すと、通す糸の量が少ない分、「留められるまぶたの厚みに制約が生じてしまう」、「この施術法を適応できる範囲」が狭められてしまうというデメリットもはらんでいます。
「一点留め」のもつメリットを最大限に受けることができるのは、元々まぶたが薄くて普段はアイプチで二重にできている人と考えてください。
まぶたに厚みがある人の場合には思うような二重になれない可能性があります。

ニ点留め

「二点留め」とは、その名の通り、まぶたを二箇所で留める施術法です。埋没法と言えばこの二点留めのことを指すほど美容医療の世界では広く知られた施術法となります。
まぶたを留める数が「一点留め」よりも多い分、より長い期間効果を持続できることが特徴です。
この施術は、知名度が高い分多くの美容クリニックで実施されており症例の数も非常に多いです。
そのため、各クリニックでは、他院との差別化をはかるべく、ドクターが中心となって、糸の素材を工夫したり、糸や施術に使う針をより細いものに変えるなど、「いかにして施術時の痛みや施術後の腫れなどのダウンタイムを抑えつつ最大限の効果を出すか」を日々切磋琢磨しながら追求しており、クリニックやドクターによって結果に差が出ることもある施術となっています。

三点留め

「三点留め」は、まぶたを三箇所で留める施術方法で、留める点が多い分、一般的な埋没法として広く行われている「一点留め」や「二点留め」と比べても二重の持ちが良くなります。
過去に「一点留め」や「二点留め」の埋没法を実施してもすぐに二重が取れてしまった方や、加齢によって皮膚がたるんでしまっている方に適用されることが多い方法となっています。

四点留め

「四点留め」は、埋没法の中でも施術するドクターの技量により結果が左右される難易度の高い施術です。
一本の糸を使う「三点留め」までとは異なり二本の糸をループ状に埋没させることで四点をしっかりと固定できるため、目頭や目尻のラインを希望通りにデザインできるメリットがあります。
外国人に多い平行型二重を希望する方や、皮膚のたるみのために目尻側の二重ラインが見えなくなってしまう方、そして「三点留め」同様に以前に埋没法で二重にして戻ってしまった方など、他の埋没法では希望する二重の実現が難しいとされている場合に、この「四点留め」が行われています。

ダウンタイムとコスト

クリニックよっては、まちまちですが糸一本1万円~などとよく書かれています。またそんなにコストは、かからないイメージですね。 ダウンタイムもほかの二重手術に比べて少ないほうです。腫れも内出血も切開にくべて比較あうれば穏やかに感じます。

よくある質問

施術中の痛みはどれぐらいですか?
点眼麻酔、麻酔クリーム、局所麻酔などを使用してから施術を受けるため、施術中の痛みはほとんどありません。術後麻酔が切れるとズキズキと鈍い痛みを感じることがありますが、その痛みも3日ほどで徐々に治まってきます。

.糸で留めたところが取れてしまうことはありませんか?
まぶたを強くこすってしまったり、もともとまぶたの脂肪が多い人は、せっかく留めた糸が取れてしまう可能性があります。施術後は引っ張っる・こするなどの強い刺激をなるべく与えないようにしましょう。また、まぶたの脂肪が気になる人は事前に担当のドクターに相談しましょう。

.左目と右目で二重幅に差があるのですが、埋没法で改善することはできますか?
はい。担当するドクターの技量にもよりますが、左右のバランスをみながらできるだけ自然になるように施術しますので、糸で二重ラインを固定する埋没法で左右差をそろえることは十分可能です。
もちろん、目の形は個人差があるものですから、ドクターの事前診察時にその人に合った方法を提案してもらえますのでご安心ください。
なお、埋没法は両目だけでなく片目だけでも可能なので、左右のどちらか形の綺麗な方に合わせるということもできます。

・すぐにメイクはできますか?
2~3日は、様子を見てからのほうがよいと思います。状況によりますがドクターにカウンセリングの時に確認するとよいでしょう。

埋没法のリスク・副作用

人によって施術後の赤み・腫れが強く出る場合があり、中には内出血もあります。また、糸だけで止めているだけなので強い刺激で糸が切れてしまったり取れてしまったり。腫れが戻ると最初に予定いていたラインと違ってくる場合もあり、施術前のカウンセリングで担当ドクターとしっかり話し合ってから施術に臨みましょう。

ダウンタイム

腫れ・赤みは術後数日1週間ほど。内出血をしてしまった場合は約1カ月ほどかかります。はじめのうちは腫れているので術前よりも眠そうな顔に見られてしまうこともありますが、落ち着いてくるにつれて腫れが引いてラインが定まってきます。施術中に涙を流したりまぶたに力を入れると施術後に大きく腫れ、ダウンタイムが長引く原因になりますので、麻酔をしてもなお施術中に痛みを感じるようなら、我慢せずに麻酔の追加を申し出ましょう。

コメントは利用できません