輪郭の整形

輪郭の整形

輪郭形成

エラが張っている、顎が長い・大きいなどのコンプレックスは悩んでいても解決することはありません。だったら思いきって美容整形に頼ってみてはいかがでしょうか。悩みをずっと抱えて生きていくより、悩みを解消することで前向きな自分になることの方が豊かな生活に代われるチャンスを持っていると思いませんか。キレイになることは悪いことじゃありません。

美容整形でできる輪郭の

輪郭の整形手術には骨切り・骨削りだけではなく、注射や脂肪吸引、シリコンを使った形の矯正などさまざまな方法があります。ここではそんな輪郭の美容整形手術についてご紹介します。

エラの悩み

エラが張っている、顔が大きい、顔が四角いなどエラの悩みの原因は骨、筋肉が影響しています。骨が張っている、骨が大きい場合は直接骨を削ることで小顔に変化させることができます。骨を削ってエラを小さくするか、筋肉を移植させてエラを小さくするのか、大切なのはあなたの輪郭と、希望する仕上がりに応じた適切な治療法です。まずはエラを小さくする治療法について知っておくべきです。

エラ削り

エラ部分の骨、下顎角骨を直接削ることでエラのボリュームを少なくし、小さな輪郭、小顔へと導くことができるのがエラ削りです。お口の中から治療するので傷跡の心配もなく、さらに骨は再生することがないため一生涯、エラ張りで悩むことはありません。

▶︎詳しくはこちら

エラボトックス

エラ部分にある筋肉「咬筋」にボトックスを注射することによって、咬筋は萎縮します。咬筋が薄く変化するため注入後は輪郭がスッキリとします。注射だけですので傷やダウンタイムの心配がなく咬筋が気になる方であれば誰でも治療できるのが大きな特徴です。

▶︎詳しくはこちら

アゴの悩み

顎の形、大きさ、後退している顎先など顎に対する悩みは意外に多いもの。そんな顎の形を変えることができるのが輪郭の整形手術です。顎の整形には骨そのものを削ったり、骨を一度切り離して新しい位置に再固定する治療法などさまざまな治療法があります。そのためさまざまな要望を叶えやすいのも特徴の一つです。
ここではそんな顎の整形についてご紹介します。

アゴ削り

アゴ削りは、文字通り顎の骨を削る治療のことを言いますが、その術式にはさまざまな手法があります。単純に顎の外周を削る方法から、顎の骨を水平に切り離し、前後に再固定する方法。顎の骨をいくつかのパーツに切り離し希望する形状に組み立てる分節法。あなたの希望する仕上がりに応じていくつもの治療法があります。

▶︎詳しくはこちら

顎プロテーゼ

顎がない、顎が後退している状態を改善するのが顎プロテーゼです。シリコン素材でできた人工の骨を顎先に挿入し、顎の形を整える美容整形手術の一つです。

▶︎詳しくはこちら

頬骨の悩み

▶︎詳しくはこちら