眼瞼下垂

眼瞼下垂のススメ 見た目の美しさと同時に快適さも手に入れる

二重まぶた

黒目を大きくしたい。目力のある印象、表現力のある魅力的な二重まぶたに変わりたい。あなたのその想い「眼瞼下垂」の手術で叶えることができます。美しさをメイクで表現するのではなく、メイクする前の土台となる二重まぶたを魅力的に変えることで、メイク映えするさらに美しいあなたに変わることができるんです。
大切なのは表現力。眼瞼下垂は単なる二重まぶたではなく目力表現力を兼ねそろえた圧倒的な美しさを叶えることができるんです。

眼瞼

眼瞼下垂は、これまでの二重まぶたの手術と違います。何が違うのか、それは一般的な二重まぶたというのは、まぶたの皮膚を治療することによって理想的な二重まぶたの形に整えるのですが、
眼瞼下垂の手術はまぶたの皮膚だけを治療するのではありません。まぶたを持ち上げる筋肉を治療することによって、まぶたの開き具合を改善させ、今よりもさらに大きく見開くようにできる最先端の二重まぶたの手術なのです。
まぶたが今よりもしっかりと開くということは、目そのものが大きく表現され、さらには黒目の露出が増えますので、表現力、目力のある”黒目がち”な美しい目元に変わることができるんです。そのためこれまでの二重まぶたの整形とは格段に美しさが違うんです。

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術方法についてご紹介します。
まず始めにまぶたを切開します。そうして瞼板前組織など余分な組織を取り除いて眼窩脂肪を覆っている”眼窩隔膜”を露出させます。そうして露出させた眼窩隔膜に横方向に切開を加え、余分な眼窩脂肪を取り除きます。余分な脂肪がない場合は切開だけを加えます。
切開を加えた眼窩隔膜の断片を軽く引き出して糸で瞼板に固定します。眼窩隔膜を引き出して前側に固定することから「挙筋前転法」と呼ばれています。

この方法は筋肉にダメージを与えず、弛んでしまった筋肉と瞼板との癒着をしっかりと再固定することができるため、筋肉を直接切除したり短縮してしまう「挙筋短縮法」と違って、生理的に回復・修復できることから美容的な改善だけではなく、偏頭痛や肩こりなどの症状も改善できるというメリットがあります。

眼瞼下垂で失敗しない!眼瞼下垂の名医のご紹介

術後の経過・状態

眼瞼下垂の手術の術後の状態経過についてご案内します。

翌日から3日
腫れ、内出血がひどい状態です。自分自身の変わり果てた姿を見て不安を抱くでしょう。でもご安心ください。腫れや内出血というのは翌日がピークで少しずつ改善してきます。術後の指示についてはクリニックで違います。医師の指示通りのケアをしっかりと守りましょう。
7日後
腫れがかなり落ち着いて、内出血はほとんどない状態です。最初に比べかなり状態は改善しているでしょう。基本的には縫合している糸を抜糸することができます。ただし、クリニックによっては10日以降を推奨しているクリニックもありますので事前に抜糸の日程を確認しておきましょう。
2週間
ほぼ仕上がりの状態です。朝起きた時などは軽い浮腫は出るかもしれませんが、不自然な状態と言うことではありません。傷の赤みなどが残っていますが、メイクで隠すことができます。
1〜3ヶ月
切開線の赤みなども改善し、二重まぶたの幅や黒目の露出などは仕上がっている状態です。
傷の赤みは個人差があり落ち着くまでに半年程度の期間を要することがあります。

眼瞼下垂のリスク・問題点

眼瞼下垂の手術は成功すれば非常に満足度の高い治療であることに違いはありません。しかし、いくつかの問題やリスクが伴う可能性が高く、万一、そういった問題を引き起こすと修正等が非常に厄介である側面があることを知っておきましょう。

  • ダウンタイムが長め
  • 左右差
  • ギョロ目・ビックリ目
  • 不自然な仕上がり など

ダウンタイムが長め

眼瞼下垂の手術は、筋肉を操作することから、腫れの程度がこれまでの二重まぶたの手術と比べはるかに強く長期化する可能性があります。そのため長めのダウンタイムが必要な治療法です。

左右差

通常、二重まぶたの手術でも左右差を引き起こすリスクがあります。眼瞼下垂の手術の場合、筋肉まで操作するため左右差を引き起こす可能性は格段に高くなります。

ギョロ目・ビックリ目

眼瞼下垂の手術で一番多いトラブルが、ギョロっとした目、不自然にビックリした表情の目になってしまうことがあります。それは目の開きやすさが改善することによって起こる場合と、過矯正によって起こる場合の2通りがあります。前者の場合は癖ですので慣れることで自然に治りますが、後者の場合は修正手術が必要になります。

不自然な仕上がり など

不自然な仕上がりというのは極端に大きな目元にしてしまったり、もともと目が小さいにもかかわらず、過剰な開き方にしてしまった場合は不自然な状態に陥ります。また、二重まぶたの幅を広げることでもより不自然さが際立ちますので十分注意する必要があります。

これらのことから、眼瞼下垂の手術というのは手軽に受けるものではありません。問題点を十分理解し、その上で眼瞼下垂の手術を受けるか否かしっかり考えて治療に臨みましょう。
眼瞼下垂の手術というのは、二重まぶたの手術の中でも難易度は非常に高い方法。しかもクリニックからすると高額な治療費用に設定できることから、未熟な医師や技術のない医師でも平気で手術を行う傾向にあるので十分注意しましょう。

眼瞼下垂の手術の相場

眼瞼下垂の手術費用の相場は50万円前後というのが一般的です。もちろん自由診療だから美容外科で個々で自由に設定できるのでクリニックによってバラツキはあります。ただ注意すべきは実際の手術費用。ホームページに掲載ある価格であるとは限りません。オプションであったり片側の費用を表記していることも非常に多い。
モラルのない美容外科に技術なんてありません。ホームページに掲載ある価格よりも高額な見積もりとなるようであれば絶対に受けてはいけません。

眼瞼下垂の名医・お勧めクリニック

眼瞼下垂の手術は二重まぶたの手術の中でも格段に難易度の高い治療であることに違いはありません。
そのため医者の技術、経験値で仕上がりの自然さや美しさ、理想とする仕上がりに近づけるか否かということに大きな影響を与えます。そんな大切な医者選び、病院選びの注意点をご紹介しましょう。

  1. 美容外科医としての経験値が豊富
  2. 専門医を取得している
  3. 症例写真で不自然なものが多くないか
  4. 実際に診察に行った際の対応が丁寧 など

眼瞼下垂の質問集

Q&A

眼瞼下垂の手術は興味があるけれど不安が強く知らないことも本当に多い。ここではそんな眼瞼下垂に関するさまざまな疑問や質問にお答えします。

眼瞼下垂質問1
傷跡が心配です。目立つものですか?落ち着くまでにはどれくらいの期間がかかりますか?
眼瞼下垂の傷ですが、まぶたの皮膚の折り返し位置にできるものです。皮膚、二重まぶたの折り返し位置なので目立つものではありません。術後1週間程度は切開した傷として目立ちますが、その後は赤みを生じます。メイクで隠すことはできますが、目を閉じると不自然な赤みが残っています。赤みが消失するまでには数ヶ月かかることがありますが、ファンデーションで隠せますし、目を閉じなければわかりませんので多くの方は気にされないです。
眼瞼下垂質問2
ビックリ目、ギョロ目になっている写真を見たことがあります。あれって不自然ですよね?
眼瞼下垂の術後トラブルで比較的多いのが、おっしゃるようなギョロッとした表情の目元ですね。多くの方は不自然さや違和感を感じるでしょう。それらの状態というのは、術後の癖でなっている場合もありますが、多くのケースでは過矯正によって生じているものです。数年かけて自然に落ち着くケースもありますが、基本的には修正手術が必要なことが多いです。
眼瞼下垂の手術後の写真を確認し、過矯正ぎみの写真が多いクリニックは全体的にそういった傾向にあるため注意が必要です。
眼瞼下垂質問3
術後の腫れが心配です。どれくらい腫れが続くんでしょうか?
眼瞼下垂の手術後の腫れですが、個人差はありますが、大きな腫れは3、4日程度でその後少しづつ腫れが引いてきます。概ね1週間程度で7、8割の腫れが解消し、10日を過ぎる頃にはほぼ仕上がりに近い状態になるというのが一般的です。
眼瞼下垂質問4
眼瞼下垂で失敗しました。修正手術は可能ですか?
眼瞼下垂で失敗したとありますが、どういった失敗かということがわかりません。一般的には希望している仕上がりと違うということが多いのですが、その場合、皮膚に余裕があれば修正は十分可能です。また、まぶたを持ち上げる効果が少ないといったケースでも修正は可能です。
修正が困難なケースというのは、皮膚を切除し過ぎて皮膚に余裕がなかったり、過矯正になってしまって長期間放置してしまった場合などは内部で強い癒着が想定されるので修正が困難なことが多いです。
眼瞼下垂質問5
眼瞼下垂の手術費用ってどれくらいかかりますか? クリニックのホームページにある料金表通りで手術は可能なのでしょうか?
やはり気になりますよね。眼瞼下垂の手術費用。眼瞼下垂の手術費用の相場ですが、40万円から60万円というのが一般的です。もちろんこれは両目の手術費用です。片側の場合は単に半分ということではなく、両目の6割で設定しているところが多いですね。
各クリニックのホームページに表記されている料金表は正確なものです。カウンセリングに行って、実際に提示された料金が表記の料金と違う場合ですが、そのようなクリニックでの眼瞼下垂の手術は避けることをお勧めします。