目頭切開

二重まぶた

目頭切開

ミリ単位の切開で切れ長の眼に整えることが出来る。日本人やアジア系の人には、よく見られ目頭部分に被った皮膚を蒙古ヒダといい、蒙古ヒダは西洋人の目元には、ほとんどなくアジア圏特有の目元と思います。その蒙古ヒダが被っていると眼の幅が小さく見えてしまいます。目頭切開は、わずかな蒙古ヒダを特殊な切り方して目頭部分を広くし眼の横幅を広げる手術になります。切開といってもほんの僅か(数ミリ)でそれだけで顔の印象が変わり華やかにみえます。また、切れ長な目になるので大人っぽく見える印象になります。

<目頭切開の特徴>
顔を正面から見たとき、西洋人の多くはこの涙丘がしっかりと見えます。しかし、日本人などのアジア人の場合は、目元に「蒙古ヒダ」という涙丘を覆う皮膚がある人が多く、涙丘が見えづらいことが多いです。中には涙丘がまったく見えない人も。蒙古襞は皮膚がある分、目を小さく見せます。また、若干ではありますが鼻の印象(高さなど)変わる方もいます。

<目頭切開方法>
目頭切開にはさまざまな術式がありますが、中でも以下の2つが近年主流となっています。
【Z法】
目頭の皮膚を「Z」型に切開してZの三角部分の皮膚を入れ替える方法
【W法】
目頭の皮膚を「W」型に切開してWの中央の皮膚を内側に織り込んで縫合する方法
その他にも【三日月法】や【V法】、【リドレープ法】などがあります。クリニックによって扱っている術式が限られていますので、あらかじめどの術式を用いているかを確認しておくといいでしょう。

このような方におすすめ

<肌のたるみが気になる方>
加齢や急激なダイエットによって肌が萎んでたるんでいるような方に特におすすめの治療です。長く続ければちりめん状になった肌のテクスチャが少しずつ滑らかになっていきます。たるみによる毛穴の開きにも有効です。

<蒙古襞があるせいで目の横幅が狭く目が小さい方> 
蒙古襞のせいで目が小さい人は、そのせいで幼く見られてしまうことも多くあります。目頭切開で目の横幅を広げて切れ長にすることで、大人っぽい目元をつくり出せます。

<左右の目が離れている方>
目頭切開では両目の目頭を切り開くため、同時に両目の間の皮膚の幅が狭くなります。そのため、目が離れ気味な人が目頭切開を受けることによって、美しいバランスの目の位置をつくり出すことができます。
目を大きくして二重の幅を広げたい方
もともと奥二重気味だったり、二重だけれどその幅が狭い人が目頭切開を受けると、キレイな幅の二重を形成することもできます。目頭側に二重の幅を広げたい人にはおすすめです

よくある質問
.手術費用の相場はいくらくらいですか?
およそ20~30万円前後です。ただし、クリニックによってはこの金額の中にカウンセリング料、麻酔代、アフターケアなどのオプションを含んでいるところと別料金のところがありますので、最初にその金額の中に何が含まれているのかを確認しましょう。

.目頭切開をしたのに目元が元に戻ってしまうことはありますか?
原則戻ってしまうことはありませんが、術式の中でも三日月法は目頭の皮膚、蒙古襞を切開して縫合するだけの方法なので、施術を受けてから半年ほど経って傷跡の幅が開いていってしまうこともあります。

.最大でどれくらい切ることが可能ですか?
目頭切開は手術を施せる範囲が決まっています。涙丘の位置がその限界地点で、それより大きく開くことはできません。涙丘が完全に見えるところまでは切ることが可能ですが、すべて涙丘が見えるほど切ってしまうと顔のバランスが悪くなってしまうことが多いので注意が必要です。

.目頭切開をしたけれど切り過ぎた……。もう元には戻せませんか?
皮膚を切除せずに縫合する方法で施術した場合は、蒙古襞を戻せば少しだけ戻したり、ほぼ元の位置に戻せる可能性が高いです。また、目頭切開の際の傷も移動させることが可能です。切除した場合でも、状態によっては、完全には難しくても少しなら戻せる可能性もありますので、一度ドクターに相談してみましょう。

リスク・副作用・ダウンタイム

リスク・副作用
数ミリ切るだけで大きく顔の印象が変わる手術ですので、1ミリ切り過ぎてしまっただけで、思い描いていた印象と違ってしまうことがあります。また、比較的見えやすい部分へメスを入れるため、傷跡となって残ってしまうリスクもあります。

前述に、皮膚の切りすぎがありますが、場合よっては、戻せなくなる可能性あるのでドクターとしっかりカウンセリングを行い後戻りできないってなんてことにならないようにしておきましょう。

ダウンタイム
糸で縫合する施術のため、縫い付けてからおよそ1週間は糸をつけたままとなります。この間はどうしても目立ってしまいます。傷が赤く腫れてしまうことも。赤み・腫れは抜糸後徐々に治まっていきますが、皮膚が落ちついて目元が馴染んでくるには、約1カ月から長くて半年ほどかかります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。